金がなくても外車に乗りたい!

外車、輸入車好き!ボルボv50乗り!人とちがう車乗りたい!でも金は無い!そんなブログ。

アジサイの散り際。

あじさいの散り際。

なかなか言えなかった事、鎌倉に紫陽花を見にいく事があった。

おそらく関東圏に住む人なら、鎌倉にアジサイを見にいくか、足利に藤の花を見にいく事はそう珍しい事ではない。

 


満開の紫陽花を見る人は多くいるが、散り際のアジサイの惨めさを知る人はそう多くない。

 


鮮やかな紫色や青、桃色のような色彩を放つアジサイだが、散り際は言葉にできないほど醜い。

 


少しずつ色素が抜けていき、茶色とも、黄色とも言えない生命を無くした色が花びらを覆う。

 


平安時代歌人小野小町百人一首で詠んだあの歌を知っている人はいるだろうか。

 


花の色は、うつりにけりな、いたずらに。

 


この一節は、紫陽花を詠んだ詩と言う説もある。

 


そう、季節は移ろう。また今年も梅雨が開け、夏が来る。

 


時が経つのはあまりにも早すぎる。