金がなくても外車に乗りたい!

外車、輸入車好き!ボルボv50乗り!人とちがう車乗りたい!でも金は無い!そんなブログ。

ボルボの耐久性について

まもなく2008年式のボルボv50は、75000㎞を迎えようとしている。

エンジンはまだ驚くほどスムーズで、エアコンはバッチリ効き、ディナオーディオのサウンドは全く色褪せない。

 

f:id:gaisya:20190524021221j:image

 

気にかけているのは、月に一回くらいはエンジンルームを覗くこと。

 

エンジンオイルの量、冷却水の量、ブレーキフルードの量を見て、漏れがないか軽く見る。

ファンベルトを見て、ヒビがないか軽く見る。

ドライブシャフト周辺のブーツを見て、グリスが飛び散ってないか見る。

バッテリーが液漏れしてないか見る。

 

サッと見るので、所要時間にして、3分くらい。

 

これ以上の故障は、プロじゃないから分かりませんが....

それに、これらの事を確認して、もし異常があれば速攻車屋さんへgoです。自分で治せることの方が少ないです。

要は、壊れたままで走り続けないような確認です。

 

この記事を見た人は、とりあえず車のボンネット開けてみましょう笑、よくわからなくてもとりあえず。

 

エンジンってこれか〜、冷却水ってこんな色なんだ〜くらいで大丈夫🙆‍♂️意外な発見があるかもしれません!

こまめな点検が愛車を長持ちさせるコツです!

 

うちのボルボは、このまま10万キロまではいくんだろうな〜と楽観的に考えています。

消耗品交換はあるけど、基本的なボディーとエンジンなんかの耐久性はかなりあるのでは。